三澤法律事務所 横浜関内の弁護士法律相談(神奈川県弁護士会)

医療・交通・製品・投資・不動産・相続・会社・刑事等を取り扱う弁護士事務所です(神奈川県弁護士会)。

TEL.045-662-7226

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町3-35 横浜第1有楽ビル8階

交通事故の弁護士法律相談

 交通事故とは、歩行者、自動車、原動機付自転車、自転車等の間で生じる事故をいいます。
               
 
 交通事故の発生につき、当事者のいずれにどの程度の責任があるのかという過失相殺の点と、怪我による精神的苦痛、後遺症・後遺障害や、死亡という、生じた被害を法的に金銭に換算するとどのような被害額になるのかという点を、法的根拠をもって検討することが必要な事故類型となります。
 被害を受けた方のお怪我による通院や、後遺障害などによる苦痛は、その性質上、本当であればお金で計算することになじみません。他方、法の建前では、賠償は金銭で行うこととされているため、法技術的に被害を金銭で換算しなければなりません。また、交通事故による後遺症が将来の収入にどうマイナスの影響を与えるのかについても、いまだ到来していない将来にわたる収入の推移を、法的に推定し、算定する必要があります。

       
 
 後遺障害の軽重は、後遺障害等級という法律上の基準により評価されますが、後遺障害等級が認定される根拠となる診断書を作成する医師は、適正な等級認定のためにはいかなる診断書が必要なのかについて、必ずしも精通しておりません。医学においては、いかに患者の傷病を治すかが本質であり、法で定められた後遺障害等級を取得するためにいかなる診断書を作成すべきかという視点は、法的な観点であるからです。
                        

 後遺障害等級が認められるかどうか、また、何級になるのかは、被害額算定にあたり大きな影響があるため、診断書取得にあたっては、法的観点から医学的要素を踏まえたうえで、診断書にはどのような記載事項が必要なのかを事前に医師に明確にお伝えすることが望ましいといえます。
                        
 交通事故においては、実況見分や取り調べ等、被害者ご本人が、警察・検察に対しどのように対応するのかも、過失割合の評価において、重要な意味を持つ場合がありますので、交通事故の適正な解決のために必要な場合には、刑事手続に関する対応も、的確になされるべきです。
               
 
 弁護士は、交通事故にまつわる法的知見を踏まえた上で、被害を受けた方に成り代わって、保険会社との交渉の窓口となることができます。